上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ご無沙汰しております。
色々ありましてちょっとブログを更新する気にもなれず、しばらく放置状態でした。
ちょこちょこ見に来てくれていた皆さん、申し訳ありません。

その後の話なのですが…
実は帝王切開で出産することに決めました。
しかも、その1週間前にはもう一度手術を受けるために入院しなければなりません。

再発したというよりも、前回の手術ではすべての患部の治療が出来なかったそうで(事情があって一気には出来なかったそうです)、出産前に手術を終わらせた方が良い、とのことで受けることにしました。

そして、出産方法について先生から話があったのですが、
たとえ表面的に治ったように見えても、ウイルス自体はまだ体に潜伏しいている可能性があって、ごく稀にだけど胎児に感染することもあるとのことでした。
そしてそれが重篤な病気を引き起こす可能性も、低いけどあるとのこと。

ただし、帝王切開にすれば感染率は低くなるらしく、でも絶対そうしなければならないと言う訳でもないので、あとは私がどうするかと言うことで選択を迫られていました。


これまで普通に下から産むことしか考えてなかったので、急に帝王切開の話が出てきて戸惑いました。
しかももし帝切にするなら手術日を早く決めなければならず、あんまり悩んでる時間もありませんでした。

帝切にすれば、絶対に赤ちゃんには感染しない!と言うことなら迷わず選択出来たんでしょうが、帝切でも感染率は0%ではないと言うこと。
それに、そもそも下から産んだとしても感染率が高いわけでは無いと言うこと。

もちろんむやみにお腹を切りたくはないので、私としても旦那としても出来れば自然に産むことを望んでいました。
一度帝切にすると、その後の出産も高い確率で帝切になるらしく、今回が初産の私はもしかしたらもう二度と下から子供が産めなくなってしまうかもしれない、と言う疎外感。
お腹を切るのだから何度も手術しているとそれだけ体に負担がかかるため、子供の数を制限されてしまうということ。
後陣痛がものすごく痛いらしいし、単純にお腹を切ること自体が怖い。。。



と、色々不安が募り泣いて過ごす夜もありました。
だけどやっぱり子供のことを考えたら…
少しでも感染リスクの低い帝王切開がいいだろうと思い、やっと決心しました。
主治医もそちらの方をすすめていたので。

手術日は、病院の都合で12月21日に決定。
これで誕生日が決まってしまうのだから何だかなぁ…と思いましたが、まぁこれも運命かな。
予定日が1月8日だったので、だいぶ早く赤ちゃんに会えることになりました。
年末までには退院できる予定だけど、今年のクリスマスは病室で迎えることになりそうです。

出産って、ほんとにギリギリまで何があるか分からないですね。
色々予定と違ってしまったけど、とにかく元気な赤ちゃんが誕生するように頑張りたいと思います。
名前もまだ決めてないし、急がなきゃ~。

以上、ご報告でした。
Secret

TrackBackURL
→http://irikosyokudo.blog59.fc2.com/tb.php/429-f2850ba9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。