上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
S0023105.jpg

息子、8ヶ月になりました。
写真は1ヶ月前くらいに髪の毛をシャキーンと切った時に撮ったもの。
ちっちゃい子のパッツン前髪フェチなもので。


S0023112.jpg

今は元気いっぱいですが、実は2月に大病をしました。
RSウイルスをこじらせて肺炎になり入院。
一時は集中治療室で人工呼吸器までついてしまい、先生に今夜が山、とも言われました。
ものすごく不安で、怖くて、仕方が無かったです。

今回のRSはおそらく姉からもらったもの。
娘は咳と鼻水が出るくらいですぐにおさまったのですが、息子はまだ小さいので重症化してしまったようです。
ただ、新生児ならまだしも、生後6ヶ月経ってるのに人工呼吸器までつくほど重くなるのは稀とのことでした。
一旦収束に向かっていたRSウイルスが、何らかの形で2次感染を起こして肺炎に繋がった説が濃厚だそうです。

1週間くらいずっと40℃超えの高熱とひどい咳と嘔吐が続いていました。
その間近所の小児科に何度か通い、一旦は熱もおさまり良くなって来ているように見えました。
ところがまたぶり返してしまい、呼吸が浅く夜も全然眠れないので、総合病院へ連れて行くことに。
外来に行ったら、重体で即入院、と言われました。

ところが検査の結果肺炎も起こしていることが分かり、もっと設備の整った大きな病院ヘ転院した方が良いと言うことになり、その日のうちに救急車で移動。
ここまでで私自身もかなりいっぱいいっぱいだったのですが、なんとERで一般病棟へ入院するには症状が重いのでNICUになります、と言われました。
そこでマスクを付けれられ、全身を拘束されて泣き叫ぶ我が子を見て、涙が止まりませんでした。
先生から「今夜が山」なんて言われるなんて思ってもみなかったので、どれだけ不安だったか。
NICUで面会も1日2時間までしか出来ず、その日は自宅に戻ることになったので、頑張れ、頑張れ、ととにかく祈るしかありませんでした。
病院から電話がかかってこないことをずっと祈ってました。

でも息子の頑張りと、皆の祈りが通じて、一晩経ったら回復の兆しが見え、そこからはぐんぐん回復して1週間で無事に退院することが出来ました。
あぁ、本当に良かった。


ところが、ところが、退院したその2日後。
また高熱が出たので、休日だったのですが救急外来へ。
肺炎とは関係なく、それとは別に風邪を引いたんじゃないかという診断でしたが、後になって突発性発疹とウイルス性胃腸炎のWパンチだった事が分かりました。
免疫力が衰えてる時ってホントに怖い。


こんな感じでずっと体調が優れなかったのですが、季節が春めいて暖かくなるのと同時に、やっと息子も元気になりました。
秋の私の病気に始まり、冬の間もずーっと家族の間で風邪を移しあい、ようやく長い長い冬が明けた、と言う感じです。

S0043229.jpg


すっかり元気になったので、近頃はやりたくてやれなかった事を色々やってます。
今年初のキャンプにも行きました。(*^0^*)
今日はハーフバースデー記念にやる予定だった写真撮影へ行ってきます。(もう8ヶ月だけど)
Secret

TrackBackURL
→http://irikosyokudo.blog59.fc2.com/tb.php/565-ab931396
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。